月次決算をお勧めする理由

企業経営者のお悩み

企業経営者のお悩み

  • 決算するまで黒字、赤字がわからない。
  • 黒字のはずなのに、なぜか銀行にお金がない。
  • いくらまでなら採用や広告、設備に投資して良いかわからない。
  • 資金繰りが不安定で毎月末が不安だ。

決算といえば、年に1回。しかも締めて見なければ正確な状態が分からない。これでは経営判断を見誤るリスクが大きすぎ、安心して会社の舵取りができません。

そんな企業経営者の方に導入していただきたいのが「月次決算」です。毎月、会社の数字を締めることで、経営状況をリアルタイムに把握できます。だからスピーディ、かつ正確な一手を打つことができるのです。

月次決算5つの
導入メリット

  • 1

    会社の数字に強くなります。

  • 2

    タイムリーに資金状態を
    把握できます。

  • 3

    スピーディな経営判断が
    可能になります。

  • 4

    余裕をもって様々な節税対策を
    検討できます。

  • 5

    先々まで見通せるので安心して
    経営できます。

なぜ月次決算が必要なのか?

なぜ月次決算が必要なのか?

月次決算は、年1回ではなく、毎月数字を見ていくことで会社の業績をいち早く把握し、次の一手を素早く打つことを可能にします。毎月の利益が見えていなければ、今月どこに課題があって、次月はどんな目標を立てるべきなのか、まったく見えません。

毎月、目標と実績を突き合わせて、差分の理由を考える。これを繰り返すことで、現状の課題や打つべき一手が見えてくるのです。ぜひ一日も早い「月次決算」の導入をお勧めします。

経理総務が使える
お役立ちツール集