INTERVIEW

税務会計・申告業務
だけでなく、
もう一歩踏み込んだ
サポートをお客様に

水泳部のマネージャーから税理士事務所のマネージャーへ。
チームを支え、盛り上げ、お客様により良いサポートを届けるため、日々奮闘中。

田久保 有貴YUKI TAKUBO

法人第1部 サブマネージャー

  • これまでの経歴について教えて下さい。

    これまでの経歴について
    教えて下さい。

    学生時代は、人間科学部で主に栄養学や解剖学などを学ぶ一方で、水泳部のマネージャーとして部活にも励む生活を送っていました。卒業後も何らかの形でスポーツに関わりたいと思っていましたが、国内では受け皿が少なく、「スポーツ業界への就職を本気で目指す」という気持ちは持てずにいました。

    そんな時、思い浮かんだのが両親の姿でした。実は税理士事務所を営んでおり、小さな頃から2人の働く姿を見ていました。まずは簿記から始めてみようと在学中に3級と2級を取得することができたことから、会計業界に本格的にチャレンジしてみようと動き出しました。

    大学卒業後は約2年間、専門学校で税理士資格の取得に専念していました。3科目まで取得できたところで、勉強と並行しながら、そろそろ実務も経験していきたいと思い、小規模な会計事務所でパート勤務をスタート。会計入力や仕分け、報告書作成のサポートなどを経験し、約3年間で会計人としてのベースをしっかり身につけられたと思います。

  • なぜアマヤ・パートナーズを選んだのですか?

    なぜアマヤ・パートナーズを
    選んだのですか?

    更なるステップアップを目指して、選んだのがアマヤ・パートナーズでした。いくつか税理士法人のホームページを見ていたのですが、どこも特長が似通っていると感じていました。

    そんな中で、アマヤだけが「月次報告」や「社長に役立つコンサルティング」といった他にない特長を謳っていた点に強く興味を持ちました。経営理念に共感できたことも大きな決め手になったと思います。

    入社してみてどうでしたか?

    正社員としての勤務が初めてだったこともあり、改めて税務会計の基礎から手取り足取り教えていただきました。今振り返ってみると、仕事もお客様も私のレベルに合わせて段階的に任せようという配慮があったように思います。

    日々応対する社長は年配の方や男性の方が多く、「女性の税務コンサルタントで大丈夫なのか?」と思われないよう、社内の先輩や上司の方がすごく気を使って下さり、大切に育てて頂いたと思います。

  • 嬉しかったことや大変だった経験を教えてください。

    現在の仕事内容を教えてください。

    製造業を中心に、10社ほどのお客様を担当しています。また、所長が担当する大規模企業様案件のサポートも行っています。

    約2年前に税理士資格を取得し、サブマネージャーの役職をいただいてからは、SPA(アシスタント職)のマネジメントや業務改善プロジェクトの先導役も担っています。

  • 将来の夢はなんですか?

    仕事のやりがいや面白さは何ですか?

    やはりお客様に喜んでもらえた時や役に立てたと実感できた時には、この仕事の醍醐味を感じます。

    以前、ある製造業のお客様が新たな設備を導入するために、税制上の優遇措置を受けられるよう書類の作成などの手続きを進めていました。ただ、書類の作成には取引先にも協力してもらう必要があり、その折衝が上手く進んでいない状態でした。

    そこで、私がお客様と取引先の間に入り、書類作成のサポートをしたことで、スムーズに手続きが進み始めました。予定通り設備の導入が実現した時、社長がとても喜んで下さったのが、とても嬉しかったです。

    このように日々の税務会計のサポートに加え、お客様の悩みを汲み取り、もう一歩踏み込んだサポートができた時も、やりがいを感じられる瞬間です。

  • お仕事をする上で、心がけていることは何ですか?

    お仕事をする上で、
    心がけていることは何ですか?

    アマヤ・パートナーズには、仕事をチームワークで進めていこうという風土があります。その点において、お客様担当として直接やりとりする税務コンサルタントから、サポート役のSPAさんたちまでが、共通認識を持って、仕事に当たれるように心掛けています。

    それこそ、皆が担当者というような高いモチベーションを持てれば、日々の仕事がもっと楽しくなり、お客様にもより良いサポートを提供できると思って取り組んでいます。

  • お仕事をする上で、心がけていることは何ですか?

    将来の夢はなんですか?

    月次報告に並ぶアマヤ・パートナーズの強みとして、資産税コンサルティング分野のサポートを強化していきたいです。

    近いうちにAIの進化によって申告業務だけならどこの事務所に頼んでも同じという時代が来てしまうかもしれません。そんな未来に備えて、お客様の新たなニーズを掘り起こし、応えられる体制を作っていくことが、これから必要になってくると思います。

    これから入社する方に
    一言お願いします

    今後、税務会計の作業レベルの仕事は徐々に無くなってしまうかもしれません。ただ、税金や財務の知見を磨き、コミュニケーションスキルを伸ばしていくことで、社長の相談に乗ったり、コンサルティングを行ったりする仕事はどんどん重要になっていくと思います。

    むしろ、これから入社される方たちは書類作成やデータ入力をあまり経験しないかもしれないと思うと羨ましいくらいです(笑)。それ程、いろいろな企業の社長と直接お話しできる業務は、本当に楽しくてお薦めです。

アマヤパートナーズで活躍する
スタッフインタビュー

  • 田中 謙治
  • 冨永 瑛史
  • 中村 優花
  • 円舘 裕行
  • 都倉 靖八
  • 田久保 有貴

インタビュー一覧