INTERVIEW

SEから会計業界へ
キャリアチェンジ。
お客様に喜んでもらいたい。
その想いは今も変わらない。

異業種からの転職を経て、今ではアマヤ・パートナーズの未来を推進する担い手に。
関わる人全てを元気にするため、今日もさまざまなチャレンジを続けている。

都倉 靖八SEIYA TOKURA

法人第3部 シニアスタッフ

  • これまでの経歴について教えて下さい。

    これまでの経歴について
    教えて下さい。

    小さな頃から先端技術に興味があり、中学の頃はパソコン部に所属してプログラミングに熱中していました。漠然と「仕事になったらいいなぁ」と思いながら、大学では理工学部経営システム工学科に進学。ITと経営を学べる学科で、偶然にも所長の天谷の出身校・出身学科とも同じでした(笑)。

    就職先として選んだのは、外資系のIT企業。システムエンジニアとして主に銀行で使われる基幹システムを構築しながら、10人ほどのメンバーを指揮してプロジェクトの進捗管理も行っていました。

  • 会計業界に興味を持ったきっかけはなんですか?

    会計業界に興味を持ったきっかけは
    なんですか?

    「自分の知識やアイデアで、お客様を喜ばせたい」というのが根本の考えにありました。

    システムエンジニアの仕事は、企業のITシステム部門の方を相手に行うことが多く、実際にシステムを使うエンドユーザーと直接触れ合う機会はあまりないのです。もっとお客様の笑顔を身近に感じて仕事ができないものか、とぼんやり考えていました。

    そんな折、税理士である私の親にふと「どんな仕事なの?」と質問をしてみました。「決算業務はもちろんするけど、社長からいろいろなことを相談される仕事だよ」という話を聞き、「これは面白そうだな」と思ったのです。

  • なぜアマヤ・パートナーズを選んだのですか?

    なぜアマヤ・パートナーズを選んだのですか?

    会社を辞めて3年間勉強に専念し、税理士資格を取得しました。その後、3年間で2社の税理士事務所を経験しました。

    ただ、日々業務に向き合う中で、自分自身の力量不足を感じることが少なからずありました。お客様にとって最高の仕事がしたいと願っていたのですが、そのために必要な能力の身につけ方が分かりませんでした。自分1人だけでは今後成長するのに限界があると感じ、足りない部分を指摘してくれる人や一緒に悩んでくれる人の存在を欲していました。また、もし困難や悩みを抱えている同僚がいれば、私も寄り添ってサポートしたいですし、互いに支え合い、助け合える環境で働きたいと思うようになりました。

    中途入社のため、ただでさえスタートが遅れているのだからこそ、足りないものをしっかりと補いながら、最大限に成長できる環境を求めて転職活動を始めました。

    そんな背景から登録した人材会社から紹介された事務所の1つが、アマヤ・パートナーズです。面接で所長の天谷と話した時、「人を幸せにするのに全力な人だな」と感じました。また、経営理念や社内の業務体制などのお話を詳しく聞く中で、更なる熱意や妥協のなさを感じ、ここなら自分の欲していた環境や想い描いた仕事があるに違いない、そう確信しました。

  • 嬉しかったことや大変だった経験を教えてください。

    現在の仕事内容を教えてください。

    不動産会社や弁護士事務所、商社、アパレル企業など、さまざまな企業のお客様を担当しています。毎月お客様を訪問し、月次報告書を元に経営状況の確認をするのが主な仕事です。社長との面談を通じて、懸念されていることや悩んでいることをしっかりヒアリングし、解決策を探るのも大切な仕事です。

    アマヤ・パートナーズでは、税務会計だけでなく、お客様のお悩みに総合的に寄り添える事務所を目指していこうと「周辺業務プロジェクト」を推進しているのですが、そのリーダーも勤めています。

    不動産の鑑定や売買、保険商品の取り扱い、給与計算、助成金の申請、PC・ITのサポートなど、協力パートナーとタッグを組み、お客様のどんな相談にも応えられる体制を作っていくため、日々の業務と並行して取り組んでいます。

  • 仕事のやりがいや面白さは何ですか?

    仕事のやりがいや面白さは何ですか?

    社長からの信頼や期待を感じられた時には、大きなやりがいを感じます。

    先日、ある顧問先の社長に事業承継をお任せいただいた時はとても嬉しかったです。その社長は自身がご高齢になり、事業を後継者に引き継ぐことを考えるようになったのですが、承継方法にとても悩んでおられました。とはいえ、税理士という外部の人間に社内の事情まで話しながら、事業承継について相談し、任せるという判断はとても難しいことだと思います。

    そんな中でも、日々のやりとりや毎月の月次報告による訪問を重ね、コツコツと関係性を築いていく中で、信頼いただけたからこそ、ご相談に至ったのだと思います。その後、社長の意思をできる限り実現できる最適な承継方法を探りながら、さまざまな提案をしました。「都倉さんに任せる。その方法なら私も嬉しい。」と言っていただけた時は、本当にこの仕事に出会えて良かったと思いました。

    社長の喜ぶ姿が私の更なる活力となり、もっと頑張ろうという気持ちになれました。これもまた、税理士の仕事の素晴らしい点だと思っています。

  • アマヤ・パートナーズの良い点は何ですか?

    アマヤ・パートナーズの良い点は
    何ですか?

    入社して1年目の決算申告シーズン、業務を抱え込んで多忙にしていたところ、同じ部署のメンバーや所長がすぐに気が付いて、「大丈夫?何か手伝おうか」とサポートを買って出てくれました。アマヤ・パートナーズには、「チーム全員で仕事をしていこう」という考えが根底に流れているのだと感じます。

    毎月、全ての所員が参加する全体会議では、テーマを与えられた担当者がプレゼンを行うのですが、参加者からもさまざまな質問や意見、提案が活発に飛び交います。うちの所員はみな真面目で意欲的です。さらにフットワークも軽く、「もっと事務所をよくしていこう」「良いものはどんどん共有して、皆ができる形を作っていこう」、そんな風土が自然と根付いているように思います。

  • お仕事をする上で、心がけていることは何ですか?

    お仕事をする上で、
    心がけていることは何ですか?

    始業前の10分間、社内の有志で行っている「PDCAノート」という取り組みに参加し、毎日目標を立てるようにしています。退社前にその達成度や感想、気づきなどを記入していくという進め方で、かれこれ2年ほど続けています。

    自分自身の足りない点や仕事がうまく進まなかった原因・理由がわかってくる一方で、頑張ったことや努力の成果も可視化でき、1日1日達成感を味わえるようになりました。なにより書き出すことで、自分自身をより深く理解できたように思います。

  • 将来の夢はなんですか?

    将来の夢はなんですか?

    もともと内気で慎重な性格だったのですが、アマヤ・パートナーズに入社してからは周囲のメンバーの影響や支えもあって、いろんなことにどんどんチャレンジできる前向きな性格に変わってきたように思います。

    だからこそ、今度は自分自身が周りの人全員に元気や幸せを与えられる人間になっていきたいです。仕事上の知識や対応力もどんどん広げ、最終的には「都倉と仕事をしたい」「都倉に聞けば安心だ」と多くのお客様に言ってもらえたら最高ですね。

    これから入社する方に
    一言お願いします。

    自分の仕事を通して「お客様を元気にしたい」と本気で思える方であれば、きっとこの事務所がぴったり合うのではないでしょうか。

    AIの進化で「税理士の仕事がなくなる」などと言われますが、「お客様と話をして、ニーズを汲み取り、解決していく」というのは人間だからできる仕事だと思います。お客様と向き合い、共に悩み、その解決を後押しして、成果を一緒になって喜びたい。そんな方であれば、きっと毎日ワクワクした気持ちで働くことができると思います。

アマヤパートナーズで活躍する
スタッフインタビュー

  • 田中 謙治
  • 冨永 瑛史
  • 中村 優花
  • 円舘 裕行
  • 都倉 靖八
  • 田久保 有貴

インタビュー一覧