INTERVIEW

社長に寄り添い、
事業発展を徹底サポート

経営統合により他の会計事務所から移籍。
現在20社強の顧客を担当しながら、事業承継に力を発揮している。

家﨑 公順KIMIYORI IESAKI

法人第1部マネージャー

  • これまでの経歴について教えて下さい。

    これまでの経歴について
    教えて下さい。

    会計事務所に25年間、スタッフとして勤務しておりました。その事務所の先生が高齢のためアマヤ・パートナーズ税理士法人と経営統合し、担当していた顧客50社と共に2009年にお世話になることになりました。

  • 以前の会計事務所と違う部分について教えてください。

    以前の会計事務所と違う部分について
    教えてください。

    以前なら、毎月の経営資料は郵送し、説明は電話で行うことが大半でした。お会いするのは年に一度の決算期と決まっていましたが、それでも必要十分なサービスを提供しているつもりでした。

    ところが移籍後は、毎月お会いするお客様が一気に増えたのです。独自の資料を持参し、長い時は2~3時間もご説明することもあります。社長の不安や悩みをじっくりお聞きすることが多くなりました。昔からのお客様からは「アマヤさんになってから、こんなにやってくれて大丈夫?顧問料が上がるんじゃないの?」と心配されることもしばしばありました。

    最初はこの業務の流れに慣れなくて本当に大変でした。今思えば私の意識を大きく変えることが、最初に課せられた仕事だったのかもしれませんね。

  • アマヤ・パートナーズの特長を教えてください。

    アマヤ・パートナーズの
    特長を教えてください。

    「業務の合理化」が進んでいるのが特長です。代表的なものはオリジナルのチェックリストです。「ここまで細分化するのか」というほど詳細な内容が特長です。移籍当初は、これを全部チェックすると思うだけでちょっと苦痛でしたね(笑)

    しかし運用してみると「ミスが劇的に減る」「誰が担当しても一定以上のサービス水準を維持できる」ことがわかりました。結果的に事務所全体の業務スピードやクオリティも格段に上がったと思います。

    そこで余裕のできた時間を「お客様とのコミュニケーション」に充てる。これこそが「業務の合理化」の狙いです。お客様の悩みやお考えをじっくり聞き、プロとしてのアドバイスをしっかりする。この流れに沿って仕事をすることで、社長との信頼関係はより強固なものになるのです。

  • お仕事する上で、心がけていることは何ですか?

    お仕事する上で、
    心がけていることは何ですか?

    社長のコミュニケーションで大切なのは「まず受け入れる」ことです。信頼関係が深まるほど、社長から様々なご要望が出てきます。中には「それはちょっとリスキーだな」と思うご要望も少なくありません。

    でも「なるほど。では一度調べてみますので、後で一緒に検証して見ましょうね」と社長の思いをいったん全て受け止める。その上でプロとしての選択肢を提示する。一見遠回りですが、これがとても重要です。

    ところが、よくやってしまうのが、いきなり面と向かって「それ、間違っていますよ」と正論を吐いてしまうことです。中には素直に聞いてくださる方もいますが、百戦錬磨の社長からしてみれば、内心は面白くないでしょうね。

    私たちは税金を計算するロボットではありません。あくまでお客様を元気にして、会社の発展を共に成し遂げるためにサービスを提供しています。社長がへそを曲げてしまったら本末転倒です。「会計・税務とはサービス業である」。この考え方がアマヤ・パートナーズには根付いています。もし興味を持っていただけたら、ぜひ門を叩いてみてください。

  • これからチャレンジしたいことはありますか?

    これからチャレンジ
    したいことはありますか?

    強い関心を持っているのが「資産税」です。社長は事業の承継を含め、個人の資産をどう引き継ぐのが良いか、誰にも相談できず悩んでいます。結果的に損をしてしまうケースだって少なくありません。「お客様を守る」という観点から見ると、「もっと私たちにできることがあるはずだ」、こう考えたわけです。

    したがって、最近は社長とは折を見て、資産の話をするように心掛けています。以前とは異なり、不動産の購入や管理会社の設立による資産活用プランをご提案することも増えています。

    お客様の会社の発展には、社長自身が気持ちよく頑張れる環境が不可欠です。ならば社長の生活や将来から、できるだけ不安を取り除いて差し上げたい。そう考えると、私たちにはもっとやれることがあります。私たちの取り組み次第で、お客様をリスクから守り、発展をサポートできる。そして、これこそが私の使命だと思っています。

アマヤパートナーズで活躍する
スタッフインタビュー

  • 田中 謙治
  • 冨永 瑛史
  • 中村 優花
  • 家崎 公順
  • 円舘 裕行

インタビュー一覧