人事評価制度CAREER

アマヤ・パートナーズの
人事評価制度

アマヤ・パートナーズ税理士法人では、社員ひとり一人の成長をサポートするしくみとして、「人事評価制度」をゼロから構築し、社員みんながやりがいを持てる組織を作っています。


  • 目標設定のしくみ

    目標設定のしくみ

    アマヤ・パートナーズでは「What=“何を”目標にすべきか」「When=“いつまでに”達成を目指すのか」「Why=“なぜ”その目標にするのか」「HOW=“どのように”取り組むのか」を社員一人ひとりが自らに問い、自らが目標を設定できるよう様々な工夫を凝らしています。

    まず「目標シート」を使い、複数の項目に沿って目標を考えます。その後、上司と相談を繰り返すことで、納得できる目標を設定します。社員ひとり一人がワクワクしながら目標に向かって挑戦する風土を育てています。

  • 評価のしくみ

    評価はあくまで本人の成長をサポートするためにある、それがアマヤ・パートナーズの評価の基本方針です。したがって「成果」だけをみるような評価ではなく、「プロセス」や「能力」、「考え方」などを総合的に評価する評価方法を採用しています。

    評価基準は定量化、あるいは具体的な行動に落とし込まれているため、評価者の主観に左右されず、非常に明快で納得感の高いものです。

    評価は本人も交え、複数の上司により複眼的に行います。今年、挑戦して足りなかったところが明確にわかるため、次年度にクリアすべき課題や目標を立てやすいというメリットがあります。
    ※管理職の場合は「管理職行動」の要素が加わります。

    アマヤ・パートナーズの評価制度

教育・研修体制

  • 現場同行による研修(OJT)

    キャリアが浅い、あるいは未経験者の場合、初めは上司とお客様先に同行し、仕事の進め方やお客様との会話の仕方などを学んでいきます。

  • ミニ研修も多い

    ビデオで自主研修できる環境や実務研修(決算論点・税務調査指摘事項・時事トピック・PC操作・マイナンバー研修)など、多彩なミニ研修も行っています。

  • ロールプレイング研修も導入

    できるだけ早く「月次報告」を自ら担当できるよう、ロールプレイング研修も実施。実際の月次報告のデモンストレーションを行い、説明の順番や内容、押さえるべきポイントなど、実践的な内容をマンツーマンで教えていきます。